HACCP認証取得
コンサルティング

​​~制度化されたHACCPへの取組みに~

2020年6月に施行された改正食品衛生法により、安心・安全な食品を製造するための手法である「HACCP」が制度化されました。

2021年の移行期間終了に向けて、全ての食品関連事業に携わる皆様は、この「HACCP」方式を取り入れなければなりません。    

しかしながら、まだまだわが国では一般的とは言い難いこの「HACCP」に、いかに取り組むべきか?

そもそも「HACCP」とはなんなのか?

わからないことが多い中、自分たちだけで、手探りで、取り組むことができるでしょうか?     

私たちの経験上、とても厳しいものであると言わざるを得ません。

なぜなら、初めてのことが多く、右も左もわからない状態からのスタートになるからです。

では、どうしたらよいのでしょうか?答えは、専門家に手伝ってもらうこと。

つまり、私たちのような舵取り役に任せるのです。先人の言う「餅は餅屋」です。

​私たちが関わるメリットは、「費用対効果」。つまり、もっとも効率よく、聞きなれない「HACCP」を皆様の工場や店舗に導入することができるということです。逆にデメリットは・・・特に見当たりません。よく、「コンサルティングの費用がかかるじゃないか」と言われますが、考え方次第です。それは、次にご説明しましょう。    

 

食品安全・感染対策

レイズシールド

​RAISE SHIELD

TEL:092-980-1544

FAX:092-801-9887

日本、〒814-0161 福岡県福岡市早良区飯倉6丁目22−16−1

  • Twitter

©2018 by RAISE-SHIELD. Proudly created